"根っこ"は無くなり、足は生えるかな。。

何故、今ここに記すのか、わからない。他人に知ってもらうに値しないはずの、自身の頭の中を、浮遊するもの。。しかしながら、今ここに記す自身は、その頭の中から外へ、外へと歩みを進めようとしているのかも、知れない。知れない。。「「僕は、頭の中のみ…

根っこ。。

一日の終わりに、しばしば、思うことがある。。〜今日は一日、ただの一言も、しゃべらなかったなぁ。〜明日の自分への投資には繋がらない、非生産的行動という自覚と、後ろめたさを感じつつ。。誰に対して後ろめたいのか?自分だろうな。。いや、スポンサー…

"ベトナム"のかいぎ。⑥

AM9:00 南北統一鉄道(車両はロシア製)に乗り、ビエンホア駅へ! 乗降口にて、切符を提示し、乗車。 航空移動の価格が鉄道よりも低くなったためか、人は少ない印象。 我々が乗車するのは、真ん中ランク(エアコン、テレビ付き)の車両。 最安の車両は混雑。…

"ベトナム"のかいぎ。⑤

船頭さんとの出会い。。とにかく笑顔が印象的、ホックホクの笑顔。終始たやさぬ笑顔に、「さぞ観光業は盛り上がってるんだろうなぁ・・。相当儲けているのかなぁ・・。」それほどの笑顔。。船頭さん『儲かっちゃいないよ。まぁでも、食えてるからね。いいん…

"ベトナム"のかいぎ。④

カントーの朝も、早い。 早朝4時。煌煌と光る商店の軒先を、ホテルの5階から見下ろす。 暗闇の船着き場。『コンニチハ〜!』その陽気な雰囲気と片言の日本語に、身構える一同。(身構えたのは僕一人かもしれないが・・。)おやっさん、その手は食わぬぞ。…

unique(ウニくえ)。 この地で魚介は、覚悟がいるね。

愛用のセオムにまたがり、いざ集合場所のバス停留所へ!朝のルーティーンも欠かさない。(値段聞く→バインミー買う→ほおばる) なんとも、ユニークな車両。ここから、バスに揺られて3時間。 例のごとく、眠る。農村地帯では、故人の墓を田んぼの中に持つ風…

”ベトナム”のかいぎ。②

生っ粋のバインミニストでおなじみの私は、鳥カフェ近くの屋台に目を付けていた。。 公園や、カフェの空気を味わいたいと、朝一番にコチラを目指す。。同行したアカ氏と、珈琲をご一緒&暫しお話を・・。お互いの調査の進度や悩み、ショートトリップに際して…

"ベトナム"のかいぎ。

○○のかいぎ。第1弾は、今夏の体験を。。みなさんは、どんな夏を過ごされたのでしょう??まぁ、一息ついて、回顧するのも乙なもの。。そう思うわけですよ。。早朝5時。空港を出た、いや飛行機から降りた瞬間、民族衣装アオザイ姿の空港職員さん、湿気、ヤ…